高校スポーツ

【ニュース】「水戸商業、センバツ出場校石岡一を下して3回戦進出!」 #高校野球春季茨城大会

【ニュース】「水戸商業、センバツ出場校石岡一を下して3回戦進出!」 #高校野球春季茨城大会

29日、日立市民球場で行われた春季関東地区高校野球茨城県大会2回戦で水戸商業が5対1で石岡第一に勝利した。

初回に招いた無死満塁のピンチをしのぐと、そこから反撃を開始。石岡一のエース・岩本大地をつかまえて、4回と5回に連打で5点を挙げて勝利を引き寄せた。

「岩本くんはいい投手。ボールを見ると、終盤つかまえられなくなってしまうので、割り切って強く振っていこう」という西川将之監督からの指示を受けた選手たちは岩本の力強い速球に対して逆らわないバッティングで7安打を放って得点を重ねていった。

石岡一打線を1点に抑えた守備は3つの失策を記録したように、決して安定はしていなかった。それでも、「キャッチャーの中山(大靖)を褒めてあげてください」と西川監督が口にしたように、柔軟なリードでエース小林嵩を引っ張り、毎回のように走者を出しながらも、最少失点に抑えてみせた。「巧みなリードで的を絞らせてもらえなかった」と石岡一の川井政平監督は唇を噛んだ。

センバツ出場校を下して3回戦に進出。主将の高橋優太は「自信につながる」と胸を張った。しかし、「目標は関東大会出場。気持ちを切り替えて次に向けて準備をしたい」と気を引き締め直した。