高校スポーツ

第97回全国高校サッカー選手権大会 組み合わせ決まる

第97回全国高校サッカー選手権大会 組み合わせ決まる

11月19日、第97回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が行われ、茨城県代表の明秀日立高校は1回戦で大阪府代表の大阪学院大学高校(初出場)と対戦することが決まりました。
抽選結果を受け、明秀日立高校の萬場努監督と主将の高嶋修也選手(3年)に話をうかがいました。

〇萬場努監督
Q.組み合わせについての感想は?
「組み合わせとしては、結構厳しいと思っています。一試合一試合、チャレンジャーとして、本気で戦っていきたいなと思います」

Q.初戦の大阪学院大学高校についての印象は?
「4年前にインターハイで履正社と戦ってから、事あるごとに大阪府の代表と当たっていますね。正直、あまり良い印象はありません……。昨年度も大阪桐蔭にPK戦で勝ちましたけれど、ゲームの中身としてはかなり難しいものだった。(抽選なので)仕方ないなとは思っているけれど、昨年度からの上積みがどれだけできているか、という意味では良い相手かなと思います。大阪は学校数も多いし、そこを勝ち抜いてきたチームなので、初出場とはいえ、初戦の堅さとかは出ないんじゃないかと」

Q.ブロック展望について
「昨年度は2回戦で星稜と当たったので、できれば今年も対戦してみたいと思っています。流経大柏は、チャンピオンを目指すうえでは一度は公式戦で勝たなければならない相手。チャレンジするという意欲を持てれば、という感じでいます」

Q.今大会への意気込みをお願いします。
「昨年度の成績を越えるという目線はあるので、まずは初戦をきっちり勝ち切りたい。そして、波に乗れれば、一戦一戦戦って、ベスト8は確実に超えたいです。目標ははっきり、優勝したいです。今年度は日程が変わったので、(優勝のためには)まずベスト8まで行くのが、一つのポイントかなと思っています」

〇高嶋修也主将(3年)
Q.組み合わせについての感想は?
「2回戦では星稜、ベスト16まで行けば流経大柏と戦える可能性がある。1回戦も大阪の強豪。初出場ですけれど、大阪は高校が一番多く、そこから上がってきたというのは実力があるということ。1回戦から強い高校と対戦できるというのは、とてもワクワクします。良いところを引いたな、というのはあります」

Q.今大会への意気込みをお願いします。
「昨年度のベスト4を懸けた上田西戦では、自分が相手にPKを献上して負けてしまった。だから、今大会における気持ち、意気込みは誰にも負けない。昨年度の先輩たちの結果を超えられるように、しっかり(大会に向けて)準備していきたい。ベスト8まで行けたけれど、悔しい思いをしたので、今年度は日本一を取れるように、頑張りたいです」