プロスポーツ

開幕直前! 茨城アストロプラネッツ選手に意気込みを聞きました! 大竹凌大選手「直球で押していく投球が自分の武器。強い気持ちの投球を見てほしい」

開幕直前! 茨城アストロプラネッツ選手に意気込みを聞きました! 大竹凌大選手「直球で押していく投球が自分の武器。強い気持ちの投球を見てほしい」

4月6日に開幕するルートインBCリーグ。
今シーズン、茨城から参戦することとなったのが
茨城県民球団「茨城アストロプラネッツ」だ。
茨城の野球の歴史に新たな1ページを刻む日を前に
選手たちに意気込みを聞いた。

Q.まず、チームに加入する経緯を教えてください。
「昨年は1年間BCリーグの滋賀ユナイテッドというチームに在籍していたのですが、結果を出すことができませんでした。そして、今年茨城アストロプラネッツというチームができるということで、僕は地元出身ということもあり、声をかけていただき、入団することとなりました。移籍するかどうか悩んだのですが、やはり地元でプレーしたいという気持ちが強かったので、茨城に戻ってきました」

Q.高校時代、プロ志望届を提出しましたよね。プロとしてプレーしたい思いが強かったのでは?
「小学校からずっと野球をやってきたので、やはり一番高いレベルで野球をやりたいという思いはあります。NPBのプロ野球選手になることが今の目標です」

Q.高校時代は総和工業高校のエースとして活躍しました。ただ、けがもあり、最後の夏は不完全燃焼で終わってしまいました。それだけに悔いが残ったのでは?
「けがもありましたが、とにかく自分の実力不足を感じました。高校で完全燃焼できなかったからこそ、プロを目指して頑張ろうと思いました」

Q.高校3年間で得たものは大きかったのでは?
「キャプテンをやらせてもらったので、周りのことも見られるようになりましたし、監督さんが熱心に指導してくれたので、技術も向上したと思います」

Q.茨城でプレーできる喜びを感じているのでは?
「それはメチャクチャありますね。昨年滋賀でプレーしましたが、なかなか知り合いにプレーしている姿を見せることができませんでした。でも、地元で活躍すれば、みんなに知ってもらえる。知っている人が見に来てくれるとモチベーションも上がりますし、僕はアストロプラネッツで活躍して、NPBのチームに行くことができれば、このチームの知名度も上がると思う。そういう面で茨城でプレーできることはうれしいですね」

Q.どういうプレーを見てもらいたいですか?
「僕は若いので、変化球でかわすというより、直球で押していく投球が武器だと思っています。そういう強い気持ちの投球を見てほしいです」

Q.今シーズンの目標は?
「いいピッチャーは防御率が低い。なので、リーグで防御率10位以内が目標です。それと、やるからにはリーグ優勝を目指して戦いたいと思います」

Q.開幕への意気込みを聞かせてください。
「新しいチームの開幕戦なので、多くの人に注目してもらえると思います。なので、勝って、期待に応えたいと思います」

プロフィール
大竹凌大(おおたけ・りょうた)
投手
背番号21
茨城県八千代町出身
1999年8月11日生まれ
総和工業高校→滋賀ユナイテッドBC→茨城アストロプラネッツ